紀元クライフ前・クライフ後

Posted: 2010年7月14日 カテゴリー: サッカー

今日は7月14日、もちろん月に一度の「14の日」、つまり我が神、クライフ様の日なのだが・・・
スペインが優勝したことで、我が神「クライフ様イズム」議論がやけに喧しい。

 スペイン優勝  ←(やっぱ、ツノ君に似てるよ#3)

我が神クライフ様を「過去の遺物」と、軽んじた発言をしてしまった同じオランダ人のファンマルバイク監督は無残に敗れ去り,
「うるせえジジイ」と大先輩を愚弄したロッベンは、フライングダッチマンならぬ、「ダイビングダッチマン」として世界中で軽蔑されている。
かすっただけで空飛んじまうんだから・・・最もずるいシュミレーターと云われても仕方がない。
とにかくだ、神をも恐れぬ発言で俺様をビビらせたお二人(同国人)は地にひれ伏し、深く反省するハメになったのは当然の罰である。

 フライングダッチマン
*偶然にも南アのケープポイントにあるケーブルカー(私は乗らずに歩いたのだが)の名称は「フライングダッチマン」だった。
 元々英語では「幽霊船」を意味するらしいが・・・これぞ我が神の愛称、思わず写真を撮っちまいました。

今日はクライフ様の日だから言わせてもらおう。
オランダだのスペインだのバルサだの・・・こんなくだらない意見はもういい加減にしてほしい。
今回のスペインの勝利は、ただ単にスペインの勝利であって、クライフ様の勝利ではないはずだが・・・
これをクライフ主義だとか、反クライフ主義だとか議論そのものがおかしい。

ただ、サッカーの歴史は、1974年を境に、紀元クライフ前か後か・・・それしかないのは紛れもない真実だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中