日立台では「よそ見」禁止

Posted: 2010年5月4日 カテゴリー: サッカー
 
日立台はJ最高のスタジアムだ。 これは15年以上言い続けてきた。
ロケーション、地域の関わり、サイズ、ピッチコンディション、サポーターの成熟度、おふざけ加減、バナーフラッグの洒落た文言、
そしてスタジアムに近づいていく度に逆ドップラーしていく声援…全ての点で国内の他のスタジアムの追随を許さない。
ただ柏市民のほとんどがこの最高の財産価値を認識していないのが少々残念ではある…どこにこんな素晴らしい自前のスタジアムがある?!
駅からの距離、スタジアムサイズ、都市サイズ、首都からの距離、サポの熱気…
これ全て私が大好きなイングランド2部のクリスタルパレスの本拠セルハーストパークとそっくりなのである。
 
さて、試合は我らが愛媛FCが0-1で負けた。
ただこの日だけは勝敗は関係ない、一人のサッカーマンとして、GWのFamily Join Daysにサッカーに少しでも関わることが大切なのである。
この日の目的は、愛媛FCの情熱のストライカー福田健二の元気な姿を見て、日立台の空気を吸うこと、この2つだった。
 
ただ、どうしても批評してしまうのが小職の性(さが)
柏の菅野はやっぱ素晴らしいGKで、彼なしで柏の勝利はなかったように思える。(ヤツにゃあネコの血が流れてるに違いないっ)
比べて愛媛に今年から入った#11石井と#23杉浦は、かっこつけてばっかりの足先のプレーでミスを繰り返していた。
ハートでプレーしない選手は愛媛にはいらない。今すぐ気持ちを入れ替えてほしい。
逆にCB小原とRB関根は愛媛の宝といえる、優れた運動量で気持ちの入ったプレーをする大切な選手だ。
 
  
 

試合後、勝った柏のサポ席から即席のPAで「日本語版ビューティフルサンデー」が流れてくる。
「爽やかな日曜♪ 降り注ぐ太陽♪ hey! hey! hey ! It’s a Beautiful Day♪ (中略) 今日はすば!すば!すば!素晴らしいサーンデー♪」
みんな幸せそうな顔して歌っている。いつか見たセルハーストパークでのクリスタルパレスの雰囲気に似ている。
そりゃあ柏レイソルファンにとっちゃあたまんねー日曜日だろうやね。
柏レイソル…小職から観たら柏市のランドマークであり、かけがえのない財産とういうより、とんでもない資源であるように思えるのです。
 
最後に日立台でのルール確認(注意事項)です。
この日のハーフタイム、ゴール裏でピッチから目を離して焼きそばを喰いに夢中になり、その焼きそばにボールが直撃した悲劇を目撃した。
そんな無防備なオンナに物申す!!!「日立台ではゼッタイにピッチから目を離すべからず!」
日立台のゴール裏でメシ喰うなんて、ヨハネスブルグのダウンタウンを丸腰で歩き、ついでに流しのタクシー乗るに等しいっ!
根性あるけど下手したら命ねーぞ。
散乱した焼きそばに呆然と立ち尽くすアンタ、焼きそばですんだだけでも幸運だと思うべし! 結果…だ~れもアンタに同情しなかったでしょ。
アントラーズの*シュー練(*注釈:シュート練習の意)ならいざしらず、愛媛のサブの連中のシュー練だぜ…枠に飛ぶ可能性は残念ながら…なのよ。
だから何度も言うけど、日立台特にゴール裏での飲食はゼッタイにしてはいけないのです。
 
さて小職、5/4は世田谷のシニアリーグ(O-45)が開幕します。
そして翌5/5は味の素スタジアムでお仕事っす。
今年のGWもサッカーに始まり、サッカーで終えることになるのです。
嗚呼…No Football No Life
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中