初怒り

Posted: 2010年1月25日 カテゴリー: サプライズ
 
新年早々、マジ最低のクソ野郎に出会うの巻。
ウンコ君はJR品川駅の新幹線のホームにいました。
 
このクソ野郎は、お正月を一緒に過ごした祖父母を見送る為に、走り出す新幹線と祖父母に一生懸命手を振る子供たちに
超至近距離から、明らかに子供たちに向かって恫喝の怒気を含めてこう叫んだ。
「(だから)白線の後ろにお下がりくださぁ~い!(っつーの!)」
突然の大声に、頭から水を浴びせられたように凍りつき涙ぐむ子供たち、そして女房…
子供たちは柵に触っていたわけでもなく、走ってたわけでもない、ましてや線から出てもいないのは小職が後ろで確認していた。
子供たちの安全管理は親の仕事だからである。ただ子供達は少々ハイテンションだっただけだ。
 
どう考えても彼の方がおかしい…新幹線が去るのを待って彼にこう切り出した。
「君(ウンコ君)の行動は最低やないか、小さな子供に対してあんまりじゃないか?!」
問い詰めると、そのうウンコ野郎は挑発的に胸を突き出してきたので、「ちょっとちょっと」と手で制した瞬間、
あ~!今触りましたねぇ、立派な暴力ですぅ!警備員さぁ~ん、警察を呼んでくださぁい!」と突然勝ち誇ったように叫ぶウンコ野郎。
彼は、さっき俺の子供達に叫んだ恫喝とは明らかに違う種類の声を張り上げた。
全くトコトン芯まで腐りきった最低の二重人格野郎だぜ…
 
私はJRの事務所で彼の上司にこう言った。
「彼が何をして、私が何をしたのかホームの防犯カメラでしっかり確認してください。」
いつまでたってもそれを見ることはなかった…
そしてウンコ君は隣の部屋で泣きそうな声で上司に「私は安全管理の…立場上…」と弁明を繰り返す。(三重人格?)
ついに彼に呼ばれて駆けつけたおまわりさんは呆れ果てて帰って行った。。。
正月早々、冗談じゃないぜ…
 
15年に一度の怒り…そんな超ウンコ野郎には、コイツをお見舞いさせていただく。。。
今からちょうど15年前の今日、1995年1月25日 ロンドンはセルハーストパーク
 
カントナ様のカンフーキックじゃーい!!!ボケぇ!!!
    
 
そういえば正月、四国の友人で同年同月同日生れで幼稚園から一緒のF君から電話がかかっていたことを思い出す。
「お前と俺…今年、大殺界やで…気ぃつけや!」
さっそく今週末は、お大師さん(川崎)で護摩焚き予約やで。。。(汗)
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中