雨の夜、サッカー少年に戻るの巻

Posted: 2009年10月20日 カテゴリー: サッカー
 
先週の水曜日練習は、学生君との練習マッチの最中から、パラパラと雨が降り始め
途中から気持ちいい雨に…乾燥したグランドはいい感じに湿ってきた。しかし雨が徐々に強まってくる。
 
サッカーマンなら誰しも経験していると思います。 
雨が降ってってくると、大きな声で指示を出さなければならない。
徐々に強まる雨にあわせるように興奮してくる、激しく動く。
激しい接触プレーがそれを増長する。しかしそれはフェアで美しい。
雨の中、必死でボールを追いかける自分の姿に、ナル心が刺激され、ちょっち萌える。
どんどんモチベーションが上がって来る、このピッチにいる全員が確実に興奮している。
アドレナリンで麻痺した神経のおかげで、馬のようにどこまでも走れる錯覚に陥る。
 
雨はその興奮を覚まさんがごとく、痛いほどの豪雨に変わり、最終的には雷を伴うようになった。
危険だ、コーチから退避の笛が鳴る。。。
その笛で目が覚めた、無理やり現実(中年)に戻されたようで少々不愉快な気分になったのはなぜだ。
 
週末、ぐっちゃぐちゃになったスパイクを1年ぶりに洗う。
あの夜、15分ぐらいのあの瞬間だけ、確実に35年以上前のサッカー少年にタイムスリップしていた。
「振り向くな、君は美しい」♪
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中