市民権獲得のお知らせ

Posted: 2009年7月27日 カテゴリー: サッカー
 
愚息がサッカーを始めたおかげで、我が家で堂々と「サッカー」を語れるようになりましたこと
晴れてご報告させていただきます!
 
小職には「やるサッカー」と「見るサッカー」と「仕事のサッカー」の3種類があり
それぞれが別々の意味を持ち、違った立ち位置で考えなければならないことは賢明なサッカー仲間の皆様なら常識の範疇であるが、
女子供(嫁と長女)には、そんなサッカーをいちいち分別して理解することなど、到底出来るはずがなく
奴らにしてみれば、どれもこれも全て「サッカー」という 十把ひとからげで結んでチョンである。
その上、女どもが結託して「サッカーと家族…どっちが大事なの!」と何かにつけ迫ってくるもんだから始末に終えなかった…
フツーなら「仕事と家族」が評価の対象なのだが、我が家では仕事とサッカーの境界線が非常にファジーなため
「サッカー」そのものまでが悪の対象とされたのである。
 
その「仕事のサッカー」で週末は忙しかった…長女の学校行事に参加した覚えはない。
93年に結婚したのだが、新婚旅行を意図的に翌年の94年に延期し、しかも行き先はアメリカだったことで「見るサッカー」に疑いが持たれ、
おまけに女房の誕生日は6月中旬なもんで、4年に一度は誕生日を一緒に祝えない…
 
決定的にサッカー=(イコール)悪 にしてしまった最大の要因が
94年のある日、女房が病気で入院し手術の当日…小職は「やるサッカー」を選んでしまい、駒沢のグランドに立っていたことだ。
おかげで今でも「サッカーの友達=悪い仲間」 という色メガネだけは、どーしよーもないけどね。。。
 
それが、息子がサッカーを始めたことにより、全てがオバマ級のChange!!
ついにサッカーに市民権が与えられたのである!(号泣)
欲しいスパイクなら何でも云えっ!
サッカーの文献ならここ40年分はあるぞ!
W杯が見たいのなら、どこでも連れてってやる!
 
ここに高らかに快哉を叫びたい!
息子よ、平和をありがとう!
サッカー万歳!!
 
週3の朝錬に備えて、父の言いつけを守り、ユニをきちんと枕元に畳んで寝る愚息
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中