上海遠征日記 第6話 ~最終回・番外編~

Posted: 2008年12月12日 カテゴリー: サッカー
 
上海の繁華街の一角、そこには「虹橋国際珍珠城」とある。
颯爽と乗り込む、日本人らしき一行…そう…これこそ中国公安も手を出せない魔の無法地帯、かの高名な精密フェイクの館なのである。
何があるとは云わないが、ここで揃わぬモノはないと断言しておきましょう。ふふふ
世界中のグッズ、マテリアルがここで完結できるのだ!
  
左:パネライ 右:ベル&ロス どちらが、ホンモノでしょう?
ここに中国偽物文化の奥深さを観たっ!
嗚呼サッカーって素晴しい。。。
 
 
そして初日からオーダーしておいて、最後の最後にやっとありついた、上海蟹と小籠包。
嗚呼サッカーって素晴しい。。。
 
後方、GKの装いは、上海在住で現地法人の社長を務める、古~いサッカー仲間のF村氏。
今回の遠征を機に再び一緒にプレーできた。
嗚呼サッカーって本当に素晴しい。。。
 
*まずはシリーズ連載を終わります。謝謝!
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中