上海遠征日記 第5話 ~第三試合~

Posted: 2008年12月9日 カテゴリー: サッカー
 
初めてパチモン…失礼…レプリカぢゃないオリジナルのユニホームでやってきた最強の「上海元老」が相手だ。
勝てるのかおいっ!!
 
幅広い年代のチーム、全員が元プロで今もギャランティなしじゃあ試合してくれないらしい…
今回は上海市役所の口利きもあり、加えて高級な「日本茶」というギャラ代わりのプレゼントを条件にようやくマッチメイクにこぎつけたようだ。(郭さん談)
ギャラだとう?!なめんなよこの野郎!
 
試合は…前半0-4 後半0-1
いわゆる手の足も出ず、チンチンにされてしまった…
さすが元プロ、ポゼッション、瞬間のスピード、局面局面で2対1、3対2のシチュエーションを作られて、完敗中の完敗、しかもフェア。
シロートの怖いもの知らずってコワイ…こんなチームに試合を申し込んでしまった俺達が完全に悪いっ
「どーもすいませんでしたっ!!!」
 
  
試合後のレセプションパーティでの主役は、遠征団では若手のギリくん!
中国流の儀式…一言挨拶あってからの全員乾杯で各テーブルを得意のドリブルで暴れまわっては、敵陣を混乱させていた。
最後は挨拶の言葉が枯渇し、「中日友好乾杯(かんべ~)!」だけしか叫んでいなかったが…
いいぞ!ギリくん!アフターファンクションでは完全に日本の勝ちだ!
 
1勝2敗…負け越しはしたが海外遠征で得られるものは、遠征チームの絆を始め目に見えないものを含めて非常に大きかった。
中国側から「日中友好試合記念」のお土産までいただいた我々じいいサッカー中年団は大きな反省と収穫を胸に遠征を締めくくった。
 
70元(約1120円)で至極のマッサージが受けられるので、毎日参戦したマッサージ屋さんにて極限までダレる遠征チーム。
試合後、全身オイルマッサージを受けた全員がお花畑(眠り)に堕ちたのでありました…
さらば上海、さらば中国。。。しかしだ、「いつ何時、誰の挑戦でも受ける!ダァ~~~!」
(番外篇につづく)
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中