上海遠征日記 第3話 ~アウェイの洗礼~

Posted: 2008年12月4日 カテゴリー: サッカー
 
本編に入る前に…
読者の皆様から「筆が遅いっ!」とお叱りのメールを多数いただいております。。。
が、しかし…サッカー評論界の大長老、賀川浩氏の長寿コラム「我が心のストライカー」の進捗状況は
今だゲルトミューラーから釜本に入ったところだ。
先日バロンドールを獲ったクリロナまで来るのが早いか、氏の寿命が尽きるのが早いかという域に達している。
それに、伝説のサッカー番組「ダイヤモンドサッカー」では、W杯の全レビューの放映が終わる頃には、次のW杯が始まっていたのだ。
2週間でやっと1試合が視聴できた時代を鑑みれば、小職のブログなんて、オレグ・ブロヒンより速いのである。
(軽~く開き直ってみましたが…何かぁ?)
 
さて第2試合…その前に
中国側が用意してくれた、親善昼食タイム。
テーブルに置かれた「日本人」の札、なんだか嫌な予感がする。
 ←中央は上海在住の我々の古いサッカー仲間、F村氏
 
日本側からの事前リクエストは、焼きそば&チャーハンに小龍包程度の短時間で軽~く食べられるものだったはず。
なのに次々と出てくる出てくるフルメニューの嵐… 
隣の中国チーム卓は、早々と麺類とご飯が出てきている。おまけに怪しい元気の出るお茶のような飲料まで飲んでいる。
こりゃオカシイ…上海在住のF村氏に通訳してもらうと、何とまだ9皿出てくるらしい、
ダメだこりゃ、キックオフの時間は迫るし、こりゃあヤバい、キッチリはめられたようだ。
くそうっ、特に小龍包は昨日、再確認してメニューに入れてもらったはずなのに、完全無視されている。
結局、残りの全てをキャンセルし店を出ることになった。
 
生真面目に最初の皿から、黙々と食べ続け、最後に炭水化物だけを摂取できなかった選手…
焼きそばを、チャーハンを、小龍包を待ち続けて、腹ぺこぺこの選手。
それぞれのコンディションがバラバラのままで第2試合を迎えることになった。
 
これぞアウェイの洗礼、第1弾なのでした…(つづく)
 
 ←応援&サポートしてくれた現地邦人の皆様!
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中