ここ一番で使えない男

Posted: 2008年2月29日 カテゴリー: サッカー
 
もう1週間前の話になりますが、UEFAチャンピオンズリーグのセルチックVSバルサ(セルチックパーク)1stレグを見ての感想…
我らが俊輔が全くダメだった…どーしよーもなくダメだった。
これだけは、はっきり言えることなのだが彼の存在(ミス)で負けたとも断言できる。
 
セルチックで戦っていたのは、ボルッチであり、マクドナルドであり、ヘッセリンクであり、
そして何といっても今やセルチックの攻撃の要である、21歳アカデミー出身のマクギーディだった。
我らが俊輔といえば、ボールに触ったのは片手で数える程度、加えて戦わない…いや戦おうとしない。
ただ1人所在なげにピッチ上をふらふらと彷徨うだけで、チームへマイナス要素を与えるのみだった。
mcgeady-goal-celebrates←今、最も旬で生きのイイ奴 マクギーディ#46 戦う男。
 
俊輔はこの3日後にセントミレン戦では終了間際に見事なFKを決めるのだが
その試合はリーグ戦でこそあれ「ここ一番」大切な試合ではなく、このバルサ戦こそが「ここ一番」の大舞台であることは明白。
コンディションをマックスまで整え、心技体を充実させ、名誉を賭して戦うべき千載一遇のチャンスであったはずだ。
だったらなぜ、ここでやらない! なぜ戦わない!
 
そう言えば、2回のW杯がそうだった…国内でもそうだった…
我らが俊輔君はいつも、どーでもいい時に素晴らしく輝き、「ここ一番」では(のみ)全く頼りがいのない弱~い男になってしまうのだ。
それぢゃあ、小職と同じじゃあねえかい。。。(涙)
 
俊輔クンよりはるかに若くて、強くて、賢くて、速くて、常に滅私(メッシ)の精神で戦うメッシがサクッと軽やかに2ゴール、
世界のトップレベルは遙か遠くにある…
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中