熊本…白岳…そして理想のあるべき姿について

Posted: 2007年11月14日 カテゴリー: サッカー
 
1年で1回しかないサッカーの日、これは今日である。
サッカーを表す11の月に、聖人クライフの聖なる数字14の日なのだ。これをサッカーの日と呼ばずにいつを呼ぶ。。。
だから今日はサッカーを大上段に語ってみたい。
 
しかし、Jリーグが全くもってダメな組織に成り下がってしまったようだ。それは試合内容じゃなくてその存在だ。
現在JFLでは2位、昨節、FC琉球を4-0で破り、JFLでの4位以内を決め、来年のJ2入りを確実にしたロッソ熊本が揺れている。
ユニホームの胸スポンサーが、酒(焼酎)だからダメだとな・・・
理由がもっともらしくてつまんない…
「お酒の名前が、テレビ放映などで子供たちの目に触れるのは好ましくない」という見解だそうだ。
白岳
これなら浦和レッズの審判への醜い抗議はどうなんだ、わかんなければどんな汚い反則だってやっていんだという輩はどうなんだ、
明らかなミスジャッジで正義を見逃し、悪を勝利に導く、審判たちの行為はどうなんだ!
まったくクソみたいな理由で、地域でJクラブを純粋に支えるスポンサーを愚弄している。
なんだか高いところから見下ろしながら偉そうに、現実から遠く離れた教育委員会的高邁な理論(愚論)を振りかざしている。
全くもってくだらない!
1993年、あの時Jリーグが掲げた、地域密着という清貧で純粋な理想と夢はどこに行った。サムライはどこにいる。
 
胸スポンサーの高橋酒造(熊本県人吉市)http://www.hakutake.co.jp/ とロッソ熊本の関係は、地域のクラブコミュニティを支える理想的な姿で、
Jリーグこそ、このようなクラブと地域の素晴らしい結びつきをケーススタディとして教科書に記すべきである。
 
小職、微力ながら、今後、焼酎はと問われたら、迷わず「白岳」を指名することを固く誓うのである。
そーこーするうちに、浦和レッズがACLで優勝したらしい。
今日だけは、J31クラブの中で一番嫌いな浦和を応援させていただいた。
そして来年、我が愛媛FCと同じくJ2を戦うであろう、ロッソ熊本と「白岳」を、開幕までの期限付きで、激しく応援しようと思う。
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中