お盆に思うこと

Posted: 2007年8月15日 カテゴリー: 友達
 
昨夏2006年の8月4日、一人の若者が突然この世を去った。
俗名 細川順平 俺の友人の長男である。
しかし1年て速いなあ…
 
彼の死を受け入れようとする俺…彼の親である小職の友人はまだ彼の死を受け入れる事はできない。
永遠に受け入れられないなら、受け入れようとしなければいい。
あいつの想い出と共に残りの人生を歩めばいい。
俺は新野君の一周忌にやったように、あいつの携帯番号を消去する代わりにやつの想い出を永遠の記憶に刻む。
そういえば、あいつと撮った写真が一枚もないなあ…
 
東京が突然暑くなった日、立川のフットサル場で彼は倒れた。。。
サッカー少年から、サッカーも含めた全てを奪っていった狂おしく暑かったあの夏。
あれから1年、あの日のように今日も激しく暑い。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中