S先生 退任

Posted: 2007年4月9日 カテゴリー: サッカー
桜の季節…出会いと別れの季節、
高校時代のサッカー部監督であった恩師のS先生が定年退職され、先生の退職を祝う宴が故郷の四国はN市で6日に開催された。
 
サッカーの基礎は中学時代のK先生から徹底的に鍛えられ、高校時代のS先生からは、その応用、そして特に精神面をみっちり叩き込まれた。。。
監督も当時は20代後半、県国体選抜の現役選手で、若くて熱くて厳しくて…体育館で2人っきりで泣きながらボコられた経験もある。
チームの中心でありながら好不調の波が激しく、カッと熱くなるとプレーが雑になり精神的に弱かった俺を1年からレギュラーで使ってくれた。
高く伸びた鼻も思いっきりへし折られたし、みんなの前でボロクソ言われたこともある…しかし絶対的に尊敬していた。
そして卒業式の夜、まだ独身だった先生の官舎で、先生の本当の気持ちを知り、みんなで涙した夜…
今でも先生からサッカー部全員に贈られた卒業記念のレプリカボールを見るたびに思い出します。
 
俺達の世代からは地元で暮らす2名が出席、参加の知らせを旧友からもらってはいたが、仕事と重なり出席が叶わなかったが…(涙)
友人の計らいで電話で話すことが出来た。
すでに退職手当で船を買ったそうだ、リタイヤの後は監督の大好きな釣り三昧の生活が待っているようです。
 
お疲れ様でした、S先生。
いつか監督の釣り船にでも乗ってあの時の話をしてみたいです。
それから先生からの年賀状に毎回押されているサッカーボールの芋判は、本当に素朴で素敵です。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中