ムエタイ修行

Posted: 2006年12月29日 カテゴリー: 旅行
つかの間のバンコク観光の事を記しておこう。
ホテルから地下鉄で2駅目、ルンピニー駅の大勢の人で賑わうナイトマーケットを左手に見ながら歩く事3分、
いかがわしさ度60%ぐらいにアップしたところに、ムエタイの聖地「ルンピニー競技場」がある。
入場料は、リングサイド2000バーツ(以下BT)、2階席1500BT、3階席1000BTとある。迷わず3階席を選ぶ。
しかし3階席の1000BTといっても、タイの物価を考えると、かなり高額な娯楽であるといえる。
外人用の価格設定でもない、理由は何処にあるのか…答えはその中にあった。
 
試合を見るには3階席でも全く問題ない、地元のロコたちの本拠である安い3階席から席は埋まり、
高額なリングサイドは外国人の観光客(白人がほとんど)で占められている。
試合は1R目は全く盛り上がらない。何のことはない見てるだけである。
理由は簡単、対戦相手の力関係を分析しているから静かなのだ。
1Rが終わったところから観客席は熱気を帯びてきて、5Rにピークを迎える、入場料の価格設定がやたら高いのは対戦相手が博打の駒なのである。。。
どうりでみんな熱い!やたら熱くなっている。観客席以上に熱いのは両陣営のリングサイド…
かなりのオーバーアクションぶりとえこひいきな盛り上がりっぷりは、見ているだけで楽しい。。。
 
試合内容といえば、華麗なパンチや美しいハイキックでは感嘆の声は起きない。
組み合っての膝蹴り(チャランボ)の一発一発ごとに「イー!」「ハー!」と大きな掛け声がかかり場内は一体になる。
さすがムエタイの真髄を知り尽くしたハイレベルな観客である。
ちなみに競技場下の通路でTV放映していた、プレミアリーグのチェルシーの試合には誰も立ち止まってみている人はいなかった。(大笑)
だったら流すなよ~~
 
このムエタイ、ここ以外に、バンコク市内にもう1会場あるそうです。
ルンピニーが火・木・土開催で、もう1会場が月・水・金の開催だそうです。
結局毎日なのね~…さすがです!
広告
コメント
  1. Unknown より:

    Hi,Do you have used LCDs, second hand LCDs, used flat screens and used LCD monitors? Please go here:www.sstar-hk.com(Southern Stars).We are constantly buying re-usable LCD panels and working for LCD recycling.The re-usable panels go through strictly designed process of categorizing, checking, testing, repairing and refurbishing before they are re-used to make remanufactured LCD displays and TV sets.Due to our recent breakthrough in testing and repairing technology of LCD, we can improve the value for your LCD panels.
    website:www.sstar-hk.com[cbhihbbbggaifb]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中