批判覚悟の浦和批判…

Posted: 2006年10月30日 カテゴリー: サッカー
TV観戦した磐田VS浦和戦の感想です。
実に浦和の審判への抗議態度が醜い…特に鈴木啓太君の態度は、代表選手だしイイ男なのでいくら肯定的に見ようとしても無理、まるでいたずらっ子の悪事を先生に必死で告げ口して裁いてもらおうとする優等生の威を借りたいじめっ子のように下品だ。それを試合中に何度も何度も繰り返す。
それも普段の生活ではおそらくすることは絶対にないであろう、外人チックなオーバーなジェスチャーで…君、日本人だろ?(大笑)
 
抗議の矛先は、汚いプレーをしたファブリシオに向けられるべきで、彼の侮辱的プレーを追い掛け回し挑発するのだったら判る、けんかの弱い審判を威圧し攻撃して何になる?何のプラスも生まないのは周知の事実。最近の浦和の選手は誰とは言わないが、圧倒的多勢のサポータの威を借りて、己のプレーの拙さの全てを審判に責任転嫁し、無駄な抗議を繰り返す輩がやけに目立つ。その先鋒を務めるのがブッフバルト監督なのだから一層たちが悪い。。。
はっきり言おう、「時間の無駄です。」加えてもう1つの感想は「がっかりっすよ啓太君。」
 
判定に対して、すぐに次のプレーを準備していた磐田は…勝つべくして勝ち、抗議ばっかで集中を切らしていた浦和は…負けるべくして負けた。
 
大量の勝ち点差で首位を走り、圧倒的有利な立場で、あれだけの戦力があるのだけど、浦和が果たして優勝できるのか…完全に疑問?
どっしり試合してやりゃあ間違いなく優勝するのに、抗議の醜さといい、プレー以外で浦和がバタバタしているのがやけに気になる週末でした。
去年、追いかけられる立場を嫌と言うほど味わい、「遠藤離脱」といったモチベーションを持つG大阪の動きから目が離せない。。。かもよ。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中