青い日記シリーズ 中学生蹴球篇 その1

Posted: 2006年8月25日 カテゴリー: サッカー
実家の部分リフォームが原因で出てきた小職の昔の「かなりオカシイ」日記を、シリーズでお届けする「青い日記シリーズ 中学生蹴球篇」…
漢字や言葉使いなど、原作に忠実に転記します。。。お見苦しい点はご笑納下さいまし。。。
 
昭和47年(1972年)5月13日(土)
きょう、サッカー部に、川ばた君(通称:ヤンキー)が新しく入部した。
キャプテンが「おしえてやれ」といったので、サイドキックやトラッピングなどをいろいろおしえてやった。
1年生が18人から19人になったので、うれしい。
 
評:ヤンキー…おったなぁ~(懐) 普通に 「おい、ヤンキー!」と呼んでたもんね(大爆笑)。
  でかい体格だったが走り方が変だったのでレギュラーにはなれなかった。最終的に俺らの学年だけで、30人くらい部員おったもんな~
  一瞬で「こいつはライバルじゃない」と判断してるせいか、部員の増加を素直に「うれしい」と表現している。
 
昭和47年(1972年)6月16日(金)
今日の練習じかんはおもろかった。
ウィングをはじめてした。
 
評:ウィングがどないおもろかったのかが知りたかったな~ この時以来、やった記憶がないもの…
  しかし中学1年の国語力ってヒドイね~(って俺だけ?)
広告
コメント
  1. Masao より:

    私は学生時代左のウィングかハーフでした。左足がけれるというだけで。
    当時は右利きの連中は左足でセンタリングあげられなかったのです。
    でも MF でも FW でもなくウィングとハーフでした。
    当時はスィーパーのいる 4-3-3 しかシステムがなかったのでした。
    WM システムを某国の代表が始めた頃の話です。

  2. 14 より:

    WMっすね、バリバリの…
    センターFWの両サイドに引き気味にいる、インサイドレフト、インサイドライトという、通称「インナー」というポジションが花形でしたね。
    背番号は8番と10番になりますね。
    懐かしいです!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中