サッカー技術の進化と「下ネタ」

Posted: 2006年7月21日 カテゴリー: サッカー
週末のこと、疲れているし、夏は忙しくて子供の相手ができないので息子とバカンスに行きました。。。
そしてビーチでサッカーした時の話です…
 
サッカースクールに通い始めてまだ数ヶ月の年長さん(愚息)が、急に足の裏を使ってボールをさばきだしました…(唖然)
 
不肖46歳、小職が足の裏を使った球捌きを覚えたのは、14歳の夏のこと…
我が神、ヨハン・クライフ様に出会った夏…キングと云われたペレ様の足裏のフェイントを見て泣いた夜…
そう手淫行為を覚えた蒼い夏のことです。男性諸氏なら自●後、●慰前では、紀元前と紀元後のごとく、見える世界が180度完全変わってしまうことをご理解頂けることと思います。
 
やっとこさ「半分オトコ」になってから、やっと覚えた足裏の技術… 
それを、まだ時々寝ションベンたれる年長さんに、コロコロ足裏でボールこねくりまわされた時にゃあ…思わず往年の日本代表、藤島(日本鋼管)直伝の「必殺両足タックル」を見舞ってやりたい衝動を抑えるのに必死でござんした。。。
 
俺って小っちぇえ…
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中