メキシコ人ぢゃありません…日系ブラジル人でもありません…

Posted: 2006年7月6日 カテゴリー: サッカー
7月3日の日記で「ドイツに決勝トーナメントを勝ち抜く力はない」と思いっきり記してしまい、若干後悔していたが、現実になってしまい…なんだか複雑です。
 
今回は小職の友人のドイツでの話です。
試合の時間があるので、限られた時間を広島から来た友人のO野氏(GK)とベルリンの街を二人で散策していたところ…うら若きドイツ人女性にいきなり「メキシコから来たんですよね!」と笑顔100%で挨拶された。。。
小職自身25年前アメリカを旅行している時にも何回も同じことを云われた。
メキシコ人のタクシーの運転手に「よう兄弟、最近のメキシコシティはどうよ?」てな感じで云われたこともある。いくら否定しても笑って取り合ってくれなかった思い出が蘇る。
 
しかし今回は完全にO野氏の風体からそう見られた
O野氏のショックは激しく(お前メキシコ人でも仕方がないって…と俺は思うけど…)「日本人に見られないんだったら見られるような服装をすればいい」と開き直り、スタジアムへ「着流し」スタイルで出かけるようになった。
おかげで各国の旅行者からの写真撮影のリクエストが絶えず、10分かかるところを倍以上かかって行くようなはめになった。
 
更にブラジル戦が行われるフランクフルトに入ると、その姿は広島出身の日系ブラジル人にしか見えなかった…「今日も着流しスタイルで行くしかない」O野氏は固く決意する。
オーノー!苦労が顔に滲み出てるんだね。。。
小職にO野という友人は他にもいるが、何故か全員変わり者である。
ここだけの話、彼は広島県H市サッカー協会の会長でもある。。。(川淵キャプテン以上の失言か?)
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中