コンディションは戦術に勝る

Posted: 2006年6月23日 カテゴリー: サッカー
コンディション作りの完全な失敗としかいえない。。。
3試合を通じて最後まで走れない、それも全員でしょ…後半の最後の20分は全員鉛の脚だった。監督の責任はもちろん、どう考えてもフィジカルコーチの責任は重いはずだ。
俊輔の後半の姿を見たか…ただふらふらと病人のようにピッチを彷徨うだけ…
本当に選手のコンディションがひどすぎた、今日のドルトムントは涼しいから今日は大丈夫でしょうとアナウンサーは言ってたが、完全にブラジルに走り負けていた。監督がどうのこうのと云われているが、そこんところどーなんでしょう。。。
 
ブラジルに負けたから終わった…という論調になっているが、前の2試合で失敗したから次にいけないのである。こんなこたあマスコミの皆さんのよく知るところでしょう。
マスコミといえば、写真は開幕前のサッカーマガジンである。ボディタイトルには「行け!最強日本」とある。結果を知ってから過去の本を見るのも小職が隠れSではなかったかと誤解するぐらいに変な快感がある。内容はといえば、そりゃもう能天気なくらいにポジティブである。
中田、中村、稲本、小野…etc 世界で活躍する黄金世代が歴代日本の最強な筈だった・・・ふたをあければ最強どころか、結果のみが知るところである。
 
次世代がこの代表にいなかっただけに、最強と云われた黄金世代の才能を根こそぎ奪った最悪のコンディショニング作りと対策…この問題が全てをダメにしてしまった気がしてならない。
 
コンディションは戦術に勝る by加茂周
広告
コメント
  1. Masao より:

    オーストラリア戦のラスト8分に持ちこたえられないのが現状でしょう。
    欧州や南米の代表との差は歴然です。南アの予選までに対策を。

  2. 14 より:

    そーなんすよね~
    今回は「差」がテーマかも…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中