手も足も出ないイラン…

Posted: 2006年6月18日 カテゴリー: サッカー
6月17日
ポルトガルVSイラン(フランクフルト)
 
「手も足も出ない」という言葉がぴったりの今日のイランでした。
 
~今日思ったこと~
・フィーゴとパウレタは90分一回もトラップミスがなかった、上手すぎ!
・デコ、改め凸は完全にチームと試合を仕切っている。
・凸のシュート…あんな凄いシュートは不肖46歳…初めて見ました。
・イランは、な~~~んにも出来なかった。(させなかった?)
・パウレタほどCFらしいFWは居ない!(結論:私的にはNo.1です)
・クリスティアーノ・ロナウドとフェルナンド・トーレスのキャラはモロかぶり。。。
・やっぱ完全に「生」は違う。
 
フィーゴとパウレタの最後を看取るためにここまで来ました。
小職の選択は完全に正解だった。
若い人は、今日のクリロナのプレーを凄いと感じるでしょう。しかし少しサッカーを判る人が見れば、本当に渋い働きをしたのは、フィーゴとパウレタに違いありません。
ありがとう、フィーゴ、そしてパウレタ。君たちの事ちゃんと見届けました。。。
今日の試合のこと、ずっと胸にしまっておきたいと思います。。。
 
☆プチ情報
セルビアがネイティブでは「スビオー」と呼ばれていたように、ポルトガルは本国から来た人々には「プトガー」と呼ばれていました。(勉強になりましたか?)
 
             俺の目の前にいたフィーゴ君とパウレタ君
カテゴリー3はこんな上だけど動きが良く見える
広告
コメント
  1. Masao より:

    DECO がブラジルからの帰化組だという事をご存知でしたか??彼ならセレソンにもなれたかも。
     
    >>金○さん
     
    毎日羨まし過ぎてBlogを拝見してます。
    帰国後、成城での宴会楽しみにしてます。

  2. 14 より:

    >>くろさん
    凸の帰化問題、知ってましたよ~
    ルイコスタなんかは「国歌を唄えない奴が代表か?」とまでいい、フィーゴも「問題はないとはいえない」などと云ったとか…
    しかし凸なくしてなりたたないプトガー代表です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中