レプリカユニホームと国旗とアイデンティティ

Posted: 2006年6月17日 カテゴリー: サッカー
閑話休題
他人のことをとやかく云う資格は小職にはありませんが、一言だけ言わせてください。
どこの会場でも日本人と判る人たちが違う国のレプリカを着ている。例えばスペイン、イングランドやアルゼンチン等…いかがなもんでしょう皆さん。。。
 
一人二人なら…と思いますが、海外のスタジアムで見かける大多数の若者がそんな方々です。
今日はゲルゼンキルヘンでレプリカだけならまだしもアルゼンチンの国旗を体に巻きつけて歩いている女性のグループに会いました。
ああ日系人の皆様かな、それともご親戚がアルゼンチンの方かな~と思っていましたが周辺をつんざく大きな声の関西弁が聞こえてきました…(絶句)

いかがなもんでしょうか皆さん。。。
アルゼンチンの人やスペインの人にしても、レプリカを着たり国旗を身にまっとってくれるよりも、日本人として日本のユニホームで応援してくれたほうが、100倍嬉しいと思うのですが…
レプリカはファッションなのでまだ許せるが、国旗はどーなのよ?国旗は…
 
ゲルゼンキルヘンで代表のレプリカを着て一人戦う日本のTVクルー
頑張っていい絵を日本に送ってください。風邪引くなよ~
広告
コメント
  1. 企遐 より:

    你好

  2. Masao より:

    しごく当然ですな。代表ジャージや国旗は魂ですから。その国の魂がわからん奴にファッションで着ないで欲しい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中