ベルリンの壁

Posted: 2006年6月8日 カテゴリー: 家庭
1989年11月10日未明…市民の手によって崩壊したベルリンの壁。
西のベッケンバウアーも、東のザマーも「ドイツ代表」になったあの日…
小職は命がけでベルリンの壁のカケラを日本へ持ち帰ることに成功した…(後に、その壁の破片はベルリン土産として売られているのを聞き涙する)
 
やがて時間の経過とともにその歴史的遺物は家庭内で邪魔者扱いされ、何度も女房の手によって路傍へ雑居させられる運命を潜り抜け、ひっそりと小職の本棚かくまわれている。
 
俺:俺、ドイツ行くことになったから…
妻:またサッカーの何やらでしょ、結婚して4回目よね~もう慣れたわ
俺:サッカーちがうよ、おまえが「邪魔やから捨て捨て」ゆーとった、あの石返さないかんから…
妻:???
俺:ベルリン市が世界中にあの石返してくれゆーてゆーとるらしいんよ…
妻:宅急便で送ったら?!
俺:ごめんなさい、サッカー見に行きます…
妻:最初からほー言わんかい!!
 
我が家のベルリンの壁は万里の長城のそれより堅牢かつ長くて高い。。。
~出発まであと2日~
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中