独逸遠征 観戦理由 Vol.6

Posted: 2006年6月5日 カテゴリー: サッカー
⑤6.17 ポルトガルVSイラン(フランクフルト)
      ~ゴールデンエイジ達の最期を看取らねば~
 
きっとこの辺で我々の疲労はピークに差し掛かると思います。6日で5試合目というで強行軍に加え、過酷な移動スケジュール…不惑おやぢには厳しい日程です、しかしこれも4年に1回の修行と信じ、サッカーお馬鹿の一本道を進むのみです。
 
かつて1991年のワールドユースで優勝したポルトガル、ゴールデンエイジと言われた世代、ルイコスタやコウト達はもういない、大好きだったサ・ピントにいたってはもう現役を引退している…しかしフィーゴとパウレタだけはしぶとく代表に残っている…おそらく最後でしょう。
クリロナやデコ、ポスチガやビアナのプレーも魅力だが、「フィーゴとパウレタの最期を看取る」ためだけに私はフランクフルトへ行くのです。。。
 
ちなみに今日は愚息の6歳の誕生日です。。。
とうさんがいなくても、元気に育つんだぞ!
~出発まであと5日~
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中