独逸遠征 観戦理由 Vol.3

Posted: 2006年6月2日 カテゴリー: サッカー
③6.14 スペインVSウクライナ(ライプチヒ)
      ~監督を見にスタジアムへ行く不届き者です~
 
理由1:シェフチェンコを生でチェックしておくべき(使命)
理由2:ホアキンとジェラードの違いをキッチリ区別しときたい(全~部似てない?)
理由3:初出場チームは最低1チーム、チェックしときたい
 
最大の理由:ウクライナの監督はあの元ディナモキエフのスーパースター  オレグ・ブロヒン様である!
 
誰かがシェフチェンコを「ウクライナの矢」と言った…正確には「ウクライナの矢 パート2」である。
既に30年前、そう呼ばれた男がいる…その名こそ、オレグ・ブロヒン様だ。
当時のソ連代表として、あの懐かしい赤いCCCPのユニホームでサイドを疾走し、小職の記憶が正しければディナモキエフの一員として来日も果たしている。
そして1975年の欧州年間最優秀選手(バロンドール)受賞は当時のソ連選手が受賞するなんて信じられない快挙だった。(当時高校1年だった小職は、その報道に、正直ぶっ飛んだ記憶があります)
 
「ラモス監督を見るためにヴェルディの試合に行く」そんな心境が最近は理解できる小職です。
ちなみにブロヒン監督、ウクライナの国会議員らしいっすよ。。。(プチ情報)★さすが、やっぱモノが違う。。。
 
今日の写真はジョホールバールのラーキンスタジアムです。
そのココロは「初心に帰りましょう」
広告
コメント
  1. a2cix より:

    はじめまして。a2cixと申します。
    ワールドカップ行かれるんですね。うらやましいです。
    現地での観戦記が更新されるの楽しみにしております。
    今後ともちょくちょく読まさせていただきますのでよろしくお願いします。
     
     

  2. 14 より:

    こちらこそ、よく来ていただきました。
    「東京の中心で…愛媛FC…」の著者の方にご来訪いただき、本当に光栄です。
    平素より貴殿の愛媛FCに対する造詣の深さに感銘しております。いつも楽しみにしております。
     
    W杯詣では82年からの恒例行事となっています。40代最後のW杯を楽しんでこようと思います。
     
    またご来訪いただければ幸いです。
     
    PS:よろしければリンクさせて下さい。

  3. a2cix より:

    こんにちは。
    そんなお褒めのお言葉いただくと本当にお恥ずかしいです。
    愛媛FCについて、愛媛について自分の思いを書いております
    ので検討違いな点も多々あるかと思います。
    今後ともご意見、ご感想等いただければ幸いです。
     
    リンク、ぜんぜんかまいません。光栄です。ぜひよろしくお願いします。また、私のほうもブログ以外にも愛媛FCブログ大全集というリンクサイトも管理しておりますので、よろしければ今後、参加のほど検討していただければ幸いです。
    http://www.geocities.jp/ehimesta/
     
    それではよろしくお願いします。
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中